トップ 洋服・衣服修理屋さんナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ





洋服・衣服修理屋さんナビ針仕事の応用 > サイズ直し

サイズ直し

サイズ直しの画像

「見頃のサイズに合わせてシャツを選ぶと袖が長くなったり、腰のサイズに合わせてズボンを購入するとウエストがゆるかったり」……などというように既製品は標準的なサイズに合わせて作られているので自分の体型にぴったり合わないこともよくありますね。

また、「少し太ったせいか、お気に入りの服のサイズが合わなくなった」、「ダイエットに成功して、スカートのウエストがブカブカになった」、「子供の背が伸びて、制服のズボンの丈が短くなった」などというように最初はぴったりだったものが体型の変化とともに合わなくなってしまうことも多いものです。

そこで、最後にそのような場合に必要となる “サイズ直し”について見てみることにしましょう。

1つ目の「ズボンの丈を直したい」というケースでは、まずズボンをはいてベルトをし、さらに靴をはいた状態で仕上げたい丈の位置に待ち針を打っておきます。

次にその位置から3cm~4cm位置に縫いしろ線を引いてはさみでカットして、裾上げをする部分を三つ折りにしてアイロンをかけ、ミシンがけがしやすいようにしつけ縫いをしておきます。

そして、手縫いで仕上げる場合には“斜めまつり”にして表側に縫い目があまり出ないようにしますが、縫い目が表に出ても良いようなジーンズやカジュアルなズボンの場合は、ミシンの直線縫いで仕上げます。

ジーンズショップなどで裾直しをしてもらうと時々、表側は普通の縫い目のように見えますがその仕上がりがとても自然で、裏側は数本の糸が塊のようになって頑丈に縫い進められていることがあります。

これは“チェーンステッチ”という方法で、普通の直線縫いの“シングルステッチ”とは異なる特殊なミシンが使われています。

ただ、どちらも一長一短で“チェーンステッチ”は糸が切れるとその箇所からどんどんとけていってしまいますが、“シングルステッチ”の場合は糸が切れてもとけにくいというメリットもあります。

2つ目の「スーツのズボンのウエストを大きくしたい」というケースでは、まずズボンを裏返してみると分かりやすいと思いますが、後ろの中心ではぎあわされている部分の縫いしろを狭く縫い直して最初の縫い目をほどき、それによって生じたゆるみにあわせて周囲のパーツも広げるという方法で補正していきます。

そのために広げる幅には限界がありますが、実際にやってみると思っていたよりも簡単にできるはずです。

昔からよく「習うより慣れよ」といって、改まって勉強しなくても実際にやっていると自然に身につくものだと言われますが、衣服の修理も失敗しても惜しくないようなものでチャレンジしていくうちに、いつの間にか自信がついて億劫に感じることも少なくなってくるはずです。

スポンサードリンク

洋服・衣服修理屋さんナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ サイズ直し

「見頃のサイズに合わせてシャツを選ぶと袖が長くなったり、腰のサイズに合わせてズボンを購入するとウエストがゆるかったり」……などというように既製品は標準的なサイズに合わせて作られているので自分の体型にぴったり合わないこともよくありますね。 また、「少し太ったせいか、お気に入りの服のサイズが合わなくなった」、「ダイエットに成功して、スカートのウエストがブカブカになった」、「子供の背が伸びて、制服のズボンの丈が短くなった」などというように最初はぴったりだったものが体型の変化ととも

洋服・衣服修理屋さんナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。