トップ 洋服・衣服修理屋さんナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ





洋服・衣服修理屋さんナビ > 針仕事の応用

針仕事の応用

たばこの焼けあと

ウールやツイードのような、厚手で模様があり糸も太めの生地でできたスーツやジャケットなどの場合、丸いたばこの焼けあとでもプロは“かけつぎ”の技術を使って、修理したのが殆ど分からない完璧な状態にまで回復させることができます。 もちろん、裏側から見れば修理をしたのが分かりますが、表からはすっかり周りの模様に溶け込んで殆ど気付かれることはありません。 基本は、損傷した部分に同じ素材の生地を重ねて穴のあいた部分に共布の繊維を1本1本丁寧に手作業で入れ込んでいき、そのあとで糸を引っ張っ

スポンサードリンク

針仕事の応用の記事

針仕事の応用のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

たばこの焼けあと

たばこの焼けあと

ウールやツイードのような、厚手で模様があり糸も太めの生地でできたスーツやジャケットなどの場合、丸いたばこの焼けあとでもプロは“かけつぎ”の・・・


虫食い

虫食い

“虫食い”の穴もやっかいなもので、素人が目立たないように修理するにはかなりの技術が必要になります。 そこで修理に頭を悩ます前に、まず私たち・・・


サイズ直し

サイズ直し

「見頃のサイズに合わせてシャツを選ぶと袖が長くなったり、腰のサイズに合わせてズボンを購入するとウエストがゆるかったり」……などというように・・・


かけつぎ

かけつぎ

お気に入りのドレスを着て食事会に出席したまではルンルン気分だったのに、記念撮影で座り込んだ時にヒールの先がドレスのすそにひっかかって「……・・・


服のリフォーム

服のリフォーム

サイズが合わなくなったり、型が古くなったり、デザインに飽きたりしていつのまにかタンスの奥に仕舞い込んでいる衣服って、結構多いですよね。 年・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 縫いしろ・折りしろの始末-2

3つ目の"端ミシン"は"ジグザグ縫い"や"ピンキング"同様に縫いしろや折りしろをほつれないようにするための方法の一つで、まず布の端を5mm程度内側に折って予めアイロンをかけておきます。 次に折り返した部分の端をミシンで直線縫いしていくのですが、「端っこぎりぎりにかけるのが難しい!」と思っている方にそのコツをお教えしましょう。 それは"ミシン針の先"を見ないで、ミシンの"押さえの位置"を見ながら縫い進めていくという方法で、たとえば「この位置でまっすぐに目落ちさせないように縫い

洋服・衣服修理屋さんナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。