トップ 洋服・衣服修理屋さんナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ





洋服・衣服修理屋さんナビ針仕事の基本【ミシン縫い編】 > ミシン縫いについて

ミシン縫いについて

ミシン縫いについての画像

ミシン縫いの縫い始めは、“返し縫い”から始めます。

まず右のはずみ車を手前に回して縫い始めよりも手前1cmくらいのところに針を下ろして、押さえを下ろして縫い始めの位置までの間を返し縫いにしておきます。

殆どの電気ミシンは、わざわざ布の向きを変えなくてもワンタッチで簡単に反し縫いができるレバーが付いているので楽にでき、これによって端部分がほつれるのを防ぐことができますが、生地によってはこの装置を使うと布がミシン内に巻き込まれやすかったりすることがあります。

そのような時には何度もやり直すのではなくて、手で布の向きを変えるようにして生地にダメージを与えないようにしましょう。

また、通常のミシンのステッチ幅は「細かい・普通・粗い」の3段階程度になっていて、返し縫いの装置を使う時には自動的に粗い目になることが多いようですが、手で向きを変えて行うことによって細かい目の返し縫いができるというメリットもあります。

縫い終わりも縫い始めと同じように“返し縫い”をしますが、縫い終わった時点でミシンからミシン糸を切り離したら、針などで下糸をすくって上糸側に出し生地の上に2本の糸が並んだ時点で団子結びにしておくと殆どほどけることはありません。

方向を変えるには、まず方向を変えたいところでミシンを止め、針を下ろしたままで押さえを上げ、布を回転させます。この後で押さえを下げ忘れないようにして再び縫い始めます。

さらに段差のある箇所を縫う場合は、段差で押さえの片方が浮いているためにこのままの状態で縫うと布がずれて正確な位置に縫いつけることができなくなります。

そこで、余っている布を畳んで押さえの後ろに軽くかまし、押さえが平行になるように支えてから縫い始めます。

ミシが最も得意とする“直線縫い”は、布に手を添えて前方に送りながら縫い進めていくのが基本で、縫っている間は針先から目を離さないように気をつけましょう。

“曲線縫い”は、最初にしつけをかけてから縫うようにし、カーブが急な時には布を左手で回しながらゆっくりと縫い進めていきます。

この時、布を強く引っ張り過ぎないようにするのがコツで直線縫いの場合よりも慎重にミシンのスピードも遅めにしておきましょう。

スポンサードリンク

洋服・衣服修理屋さんナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 縫いしろ・折りしろの始末-2

3つ目の"端ミシン"は"ジグザグ縫い"や"ピンキング"同様に縫いしろや折りしろをほつれないようにするための方法の一つで、まず布の端を5mm程度内側に折って予めアイロンをかけておきます。 次に折り返した部分の端をミシンで直線縫いしていくのですが、「端っこぎりぎりにかけるのが難しい!」と思っている方にそのコツをお教えしましょう。 それは"ミシン針の先"を見ないで、ミシンの"押さえの位置"を見ながら縫い進めていくという方法で、たとえば「この位置でまっすぐに目落ちさせないように縫い

洋服・衣服修理屋さんナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。