トップ 洋服・衣服修理屋さんナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ





洋服・衣服修理屋さんナビ針仕事の基本【手縫い編】 > 手縫い-4

手縫い-4

手縫い-4の画像

“手縫い”の縫い方の5つ目は、“千鳥がけ”です。

これは目立たないように縫い代を留める時によく用いられる方法で、これまでの“まつり縫い”はすべて右側から縫い始めましたが、“千鳥がけ”だけは左から縫い始めます。

まず“斜めまつり”のように、折り返した布の少し内側から針を出し、次に右に5mm程度行ったところの表布をほんの少しすくい、今度は右に5mm程度行った折り返した布の表面をほんの少しすくいます。

これを繰り返してどんどん右に縫い進んでいくのですが、針は常に右から左に差すので布をすくった部分の糸は常に交差してまつられていきます。

これが“千鳥の足跡”に似ていることからこの名が付けられましたが、美しく仕上げるためにはまち針を使って縫いたい部分を予め留めておいたりしつけ糸で縫ったりしておくのがコツで、途中で手を抜くと結局その部分を直すためにきれいにできた部分までほどかなければならなくなるので、あくまでも着実にひと目ひと目縫っていくようにしましょう。

“千鳥がけ”は、布地が伸びても対応できるというメリットがあるためにTシャツなどのように伸縮性のある布を縫う時にもよく使われています。

“手縫い”の縫い方の6つ目“星止め”は、目立たないように星のように小さな針目で縫い進んで行く方法で、表から裏まで糸を通してつける丈夫な縫い方であることからファスナーをつけたり、バッグの袋口の縫い代を落ち着かせ時などによく用いられています。

まず布の表側を上に向けて下から針を出し、左にほんの少し行った箇所に表布の上から下に針をさします。

これで1つ小さな星が出来上がりました。

次はそこから5mm程度行った箇所に下から針を刺し、同じように小さな星を作りながら縫い進んで行きます。

ファスナーの場合は予めしつけ糸で大まかに縫いつけておくことによって、よりきれいな“星止め”に仕上げることができますが、さらに縫い目もまっすぐになるように定規を使ってチャコペンシルなどで線を引いておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

洋服・衣服修理屋さんナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 服のリフォーム

サイズが合わなくなったり、型が古くなったり、デザインに飽きたりしていつのまにかタンスの奥に仕舞い込んでいる衣服って、結構多いですよね。 年月が経っていくにつれて古いものは徐々に処分されて姿を消していくものですが、昔お気に入りだった服や、値段の高かった服、また母親から譲り受けた思い出の着物などは捨てることもできませんね。 けれども「ずっとそのまま眠らせておくのはもったいない」という方は、思い切ってリフォームしてみませんか。 もちろん、自分でリフォームできるに越したことはありま

洋服・衣服修理屋さんナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。