トップ 洋服・衣服修理屋さんナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ





洋服・衣服修理屋さんナビ針仕事の基本【手縫い編】 > 手縫い-3

手縫い-3

手縫い-3の画像

"手縫い"の縫い方の3つ目は、"ぐし縫い"です。

これは基本的に"並縫い"と同じですが、針先だけを等間隔に細かく動かしながら布の上へ下へと進んで行くので縫い目が"並縫い"よりも細かいのが特徴で、ギャザーを寄せる下縫いとして用いられることもあります。

"手縫い"の縫い方の4つ目"まつり縫い"は、スカートやパンツの裾上げや裏地のある洋服の袖口を折り返して表に縫い目が目立たないように縫い留めるための方法で、まつる箇所によって細かくしたり粗くしたりしますが、いずれの場合も「表の糸は1本だけすくう」というのがきれいに仕上げるコツです。

具体的には、まず折り返した方の布に玉止めをかけて表地を1mm以下ですくいます。

次にその針を折り返した布側に垂直に下ろして、その隙間に3mm~5mm通して針を折り返し山に出して糸を引き抜き、この作業を繰り返していきます。

そして最後はまた、折り返した方の布の裏で玉止めをして完成させます。

"まつり縫い"には、この基本形以外にも"斜めまつり"と"縦まつり"いう2つの方法があります。

"斜めまつり"は、縫い始めが"まつり縫い"と同じで折り返した方の布の裏側から針を出して縫い始めますが、表の布をすくいあげてから針を折り返した方に垂直に下ろすのではなくて、5mm程度左に寄った位置で折り返した布の部分を裏から刺して縫い進んでいく方法で、縫い目を広げると、ちょうどカタカナの"ハ"の字が並んでいるように見えます。

一方の"縦まつり"は、非常にポピュラーで便利なまつり縫いで、まず表側の布の表面に針目が出ないように3mm~5mmの幅で糸をすくいあげます。

そのあとの要領は"斜めまつり"と殆ど同じですが、縫い目が折り返した布の端に対して直角になるように表布をほんの少しすくい、そこから左に5mm程度行ったところで折り返した布の下から針を刺して糸を抜き、そこからまた垂直に下りた表布の部分をすくうというようにして縫い進んでいきます。

たとえば、アップリケを付ける時には縁をこのまつり方が使われます。

スポンサードリンク

洋服・衣服修理屋さんナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ かけつぎ

お気に入りのドレスを着て食事会に出席したまではルンルン気分だったのに、記念撮影で座り込んだ時にヒールの先がドレスのすそにひっかかって「……バリッ!」。 その後はパーティーを楽しむ気にもなれなかったり、クローゼットにしまっておいた一張羅のスーツを着て行く予定だったのに、着た瞬間に小さな虫食いがポツポツあるのを発見したり、知らないうちにたばこの焼けあとができてしまったのに気付いたりなど、ちょっとした不注意で大切にしていた衣服がダメージを受けてガックリきてしまうことってありますね

洋服・衣服修理屋さんナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。