トップ 洋服・衣服修理屋さんナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ





洋服・衣服修理屋さんナビ > 針仕事の基本【手縫い編】

針仕事の基本【手縫い編】

手縫い-1

布を縫う前には糸が抜けないように必ず最初に“玉結び”を作っておきます。 “玉結びの作り方”は慣れないうちは難しく感じるかも知れませんが、一度コツをつかめば驚くほど簡単にできるようになります。 まず糸を差した針を左手に持ち、長い方の糸を右手の人差し指に一回りさせ人差し指を親指の上でずらしながら輪にした糸をよじります。 その部分を中指で押さえて糸をそのまま引いたら出来上がりです。 ちなみに手縫いの場合針、薄い布には細いものを厚い布には太いものを使うのが基本で、別名“メリケン針”

スポンサードリンク

針仕事の基本【手縫い編】の記事

針仕事の基本【手縫い編】のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

手縫い-1

手縫い-1

布を縫う前には糸が抜けないように必ず最初に“玉結び”を作っておきます。 “玉結びの作り方”は慣れないうちは難しく感じるかも知れませんが、一・・・


手縫い-4

手縫い-4

“手縫い”の縫い方の5つ目は、“千鳥がけ”です。 これは目立たないように縫い代を留める時によく用いられる方法で、これまでの“まつり縫い”は・・・


針仕事の魅力

針仕事の魅力

“炊事”や“そうじ”、“洗濯”は、今では男性もやるのが当たり前のような時代になりつつありますし、衣服のアイロンがけを自分でやるという男性も・・・


手縫い-2

手縫い-2

では次に“手縫い”の縫い方の種類にはどのようなものがあるのかを見てみることにしましょう。 その1つ目は、仮縫いの縫い合わせや、ミシンをかけ・・・


手縫い-3

手縫い-3

"手縫い"の縫い方の3つ目は、"ぐし縫い"です。 これは基本的に"並縫い"と同じですが、針先だけを等間隔に細かく動かしながら布の上へ下へと・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 男子厨房に入るべし?

「男子厨房に入らず」と言う言葉を良く聞くことがあります。 そしてこれは色々な意味に解釈されているようです。 まず最も多いのが、「料理というのは身分の低い人がする仕事であるから、家庭では女性が男性のためにやらなければならない」というもので男性上位の考え方に基づいたものです。 他にも「女性の地位が低かった時代に、厨房は夫や姑にいじめられた女性が泣くための場所であったから」とか、「男たるもの、お腹がすいたからといって厨房に入って食べ物をあさるようなみっともないことをしてはいけない

洋服・衣服修理屋さんナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。