トップ 洋服・衣服修理屋さんナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ





洋服・衣服修理屋さんナビ変化した“女性の仕事”のイメージ > 家事に対する意識の変化

家事に対する意識の変化

家事に対する意識の変化の画像

女性が社会に進出して活躍するようになってからは、男性にも子育てや料理、裁縫といったこれまで女性が行ってきた仕事をする能力が求められるようになり、今では男の子も家庭科で調理実習や裁縫の授業を受けようになりました。

実際に現代の母親の中には男の子が台所で料理を作ったりすることに何の抵抗も感じない人が多いばかりか、男の子が自炊できることを誇りに思っている母親たちもたくさんいます。

昔の母親たちは自分の息子が台所で料理していたりすると飛んできて、「どうして女性であるあなたがやらないの!息子にこんなことやらせてはいけません!」とお嫁さんが怒られるというのが一般的でした。

これは「物事を大きな視点から眺めることを求められる “男性”が、細かなことに気を遣っていたらスケールの小さい人間にしかなれない」と危惧することから発せられる言葉のようですが、時代の流れとともに男の子に求めるものも変化し、最近では「小さなことができなくて、その延長である大きなことなどできるわけがない」、「細かな部分にも目が行き届くような習慣をつけておかなければ、時代の流れを読み取ることはできないし、まして“外に出れば7人の敵がいる”と言われる男性にとって、多くの敵から自分の身を守って出世するには図太い神経だけでは不十分である」「どの時代の大物も大胆にして繊細な神経をもちあわせていた」などと言う人もいるほどです。

また結婚に対する考え方も多様化して、女性が男性から自立した分、男性にも女性から自立することが求められるようになりました。

その結果、料理や育児、そうじ、洗濯、など昔から女性の仕事とされていたことをこなすことができる男性がもてはやされるようになり、学校でさえ、男の子にも女の子が受けている家庭科の授業を受けさせるというように、教育方針を変えざるを得ない状況になってきました。

「男の子の家庭科を習得する権利を奪っている」とか「時代遅れの観念を教育という大義名分のもとで、子供たちの潜在意識に植え込もうとしている」と考える人も多くなってきました。

たしかに最近では男性の“単身赴任”も多く、料理だけでなくちょっとしたボタンつけや裾かがりなどの針仕事もできれば怖いものはありませんよね。

スポンサードリンク

洋服・衣服修理屋さんナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 家事の役割分担の変化

かつては、一旦会社で雇われるとよほどのことがない限り退職するまで安泰というのが当たり前のような時代が続いていました。 けれども90年代初頭のバブル崩壊を契機にそれまでの雇用システムは徐々に変化し始め、1998年に加速された政府の構造改革以降、正社員は400万人近く減少しそれに代わって低賃金・不安定雇用の非正社員が同等数増えています。 つまりこれまでの正社員のポストが大幅に減少してそれがすべてパートや契約社員、派遣社員などに置き換えられたというわけです。 不安定な雇用状況下で

洋服・衣服修理屋さんナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。