トップ 洋服・衣服修理屋さんナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ





洋服・衣服修理屋さんナビ変化した“女性の仕事”のイメージ > 手仕事を楽しんできた世界の男性たち

手仕事を楽しんできた世界の男性たち

手仕事を楽しんできた世界の男性たちの画像

そもそも「男性に手仕事は向いていない」という考えは、日本の歴史の中で徐々に、そして確実に人々の意識に根付いていったものですが、どうやら100%当たっているとも限らないようです。

というのも、レース編みやニット、人形制作、ぬいぐるみ制作など手先の器用さが求められる分野で成功をおさめている人々の多くは男性ですし、現在相撲界で活躍している力士にも“ビーズ手芸”が趣味だという人もいます。

大きな体で背中を丸めて黙々とテグスにビーズを通している姿を見ると、思わす「かわいい!」としまいますが、本人にはそのように思われたいというような下心はもちろんなく、またそれによって自分が変人扱いされるかもしれないという心配よりも、ビーズをする喜びの方がはるかに上回っているのだそうです。

話は変わって、世界の船乗りたちも、船の上で暇をもてあました時には刺繍や編み物をして楽しんできました。

中でも“フィッシャーマンセーター”は、ケーブル編みやジグザグ編みなどを巧みに組み合わせて編んだ厚手のセーターでアイルランドやスコットランド周辺に住む漁師たちが厳しい寒さから身を守るために日常着や作業着として使われていたものですが、その昔“編み物”は男性の仕事でこのセーターは“海の男”と言われる漁師たちが生んだと言われています。

また柄の種類が多いのは、それが各家庭の“紋”として使われ、万一漁師が遭難した際にもどこの誰であるかがすぐに分かるためであったり、縄状の部分は漁に使うロープや命綱を表現したもので大漁を祈願して編み込まれた模様であると言われています。

華やかな模様の裏には、深い意味が込められていたのですね。

現代ではその優れた防水性と防寒性に加えて色やデザインのバリエーションの多さなどから、世界中に多くのファンをもっています。

また編み物をする人たちの間では、「やはり行きつくところは“フィッシャーマンセーター”だ」とよく言われるように、その技術レベルはかなり高いものが要求されるようです。

そして19世紀の産業革命のころまで編み物は漁師や職人の仕事とされ、日本でも戦前には長い船旅をする漁師や海軍の兵士たちの趣味の1つとなってきました。

スポンサードリンク

洋服・衣服修理屋さんナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 手縫い-2

では次に“手縫い”の縫い方の種類にはどのようなものがあるのかを見てみることにしましょう。 その1つ目は、仮縫いの縫い合わせや、ミシンをかける前のしつけなどによく用いられる“並縫い”です。 “並縫い”は手縫いの最も基本的な縫い方で、0.3~0.4cm程度の針目で表と裏の目が揃うように縫い進んでいき、縫い終わったら玉止めをしておきます。 2つ目の“半返し縫い”は、まず布の下から針を刺して1目進み、1目の半分戻ってまた進みます。 きれいな縫い目にするコツは、針をまっすぐに進めて左

洋服・衣服修理屋さんナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。