トップ 洋服・衣服修理屋さんナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ





洋服・衣服修理屋さんナビ > 変化した“女性の仕事”のイメージ

変化した“女性の仕事”のイメージ

手仕事を楽しんできた世界の男性たち

そもそも「男性に手仕事は向いていない」という考えは、日本の歴史の中で徐々に、そして確実に人々の意識に根付いていったものですが、どうやら100%当たっているとも限らないようです。 というのも、レース編みやニット、人形制作、ぬいぐるみ制作など手先の器用さが求められる分野で成功をおさめている人々の多くは男性ですし、現在相撲界で活躍している力士にも“ビーズ手芸”が趣味だという人もいます。 大きな体で背中を丸めて黙々とテグスにビーズを通している姿を見ると、思わす「かわいい!」としまい

スポンサードリンク

変化した“女性の仕事”のイメージの記事

変化した“女性の仕事”のイメージのカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

手仕事を楽しんできた世界の男性たち

手仕事を楽しんできた世界の男性たち

そもそも「男性に手仕事は向いていない」という考えは、日本の歴史の中で徐々に、そして確実に人々の意識に根付いていったものですが、どうやら10・・・


男子厨房に入るべし?

男子厨房に入るべし?

「男子厨房に入らず」と言う言葉を良く聞くことがあります。 そしてこれは色々な意味に解釈されているようです。 まず最も多いのが、「料理という・・・


家事に対する意識の変化

家事に対する意識の変化

女性が社会に進出して活躍するようになってからは、男性にも子育てや料理、裁縫といったこれまで女性が行ってきた仕事をする能力が求められるように・・・


家事の役割分担の変化

家事の役割分担の変化

かつては、一旦会社で雇われるとよほどのことがない限り退職するまで安泰というのが当たり前のような時代が続いていました。 けれども90年代初頭・・・


女性をより女らしく感じさせる

女性をより女らしく感じさせる"針仕事"

"記憶"には色々な分類の仕方がありますが、中でも"意味記憶"と"エピソード記憶"というのは多くの専門家たちの興味をひいています。 まず"意・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 手縫い-2

では次に“手縫い”の縫い方の種類にはどのようなものがあるのかを見てみることにしましょう。 その1つ目は、仮縫いの縫い合わせや、ミシンをかける前のしつけなどによく用いられる“並縫い”です。 “並縫い”は手縫いの最も基本的な縫い方で、0.3~0.4cm程度の針目で表と裏の目が揃うように縫い進んでいき、縫い終わったら玉止めをしておきます。 2つ目の“半返し縫い”は、まず布の下から針を刺して1目進み、1目の半分戻ってまた進みます。 きれいな縫い目にするコツは、針をまっすぐに進めて左

洋服・衣服修理屋さんナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。